FC2ブログ
 

海洋調査船 「かいよう」

「かいよう」1985年に建造され、深海飽和潜水実験「ニューシートピア計画」における海中作業実験船として、1990年まで精度のたかい水中作業を支えてきました。
現在は海洋調査船として、主に海底下深部構造探査に従事しています。

文字色














25年 2月 6日(水)




伊勢海老のシーズンももうすぐ終わり。




シーズン残しながらも伊勢海老販売は終了し、海老用の水槽を片付けていたら・・・・・














沖に何か居る!
P1140594.jpg
しかも、いかにも普通じゃないこの船!(笑)












早速、覗き見じゃぁ~!(マテ)
P1140595.jpg
今回は割と近いのですぐ捉えられるでしょう。












むむむむむ~! ( ̄ω ̄;)
P1140596.jpg
見た事が無い 双胴作業船だ!



期待が高まります。(笑)










船名は・・・・・ “かいよう”?   船籍は横須賀だ。
P1140604.jpg
この船はきっと “ちきゅう” や “かいれい” の仲間に違いない!
(゚Д゚) 違イナ~イ!




船上では何をしているのか、作業員さんがやたら動いているのが見えました。






この位置は ひと月前に “ちきゅう” が来ていた場所。




きっと作業的には関係があるのでしょうね。 















後の調査で分かった “かいよう” の激紹介!(笑) 
かいよう
海洋調査船 “かいよう” 海洋研究開発機構JAMSTEC所属


全長61.5m  幅28.0m  深さ10.6m  喫水6.3m  国際総トン数3,350トン
航海速力約13ノット  航続距離約6,200マイル  定員60名(乗組員29名、研究者等31名)

主発電機関
ディーゼル機関 1,250kw×4基

主推進機関
誘導電動機 860kw×4基

主推進方式
可変ピッチプロペラ×2軸

“かいよう”のミッション
“かいよう”ミッション
・深海調査曳航システム「ディープ・トウ」の潜航支援
・海底下深部の構造探査
・海底地形調査


「海底地震計屈折法システム」を搭載 エアガンで人工地震波を起こし、プレート内部の各地層で屈折・反射した波を海底地震計でとらえて地下構造を解析する「海底地震計屈折法システム」を搭載しています。
得られたデータを解析することで、海底下数十kmまでの地殻構造を詳細に把握することが可能です。






おそらく “ちきゅう” が仕込んだ何かのデータ採取にきた 南海トラフ関係 の調査だろうな・・・
※個人の勝手な想像です。













この船を発見、観察して約1時間後・・・・・







“津波注意報発令”です!(汗)





ずっと仕事していたから知らなかったけど、ソロモン諸島で M8.0 の地震が起き、その津波が来るかも?って事らしい・・・







PM 5:20 今日は仕事を早上がり。 
P1140608.jpg
津波到達予想時刻10分前なんですけど・・・(大汗)



“かいよう”(潰瘍)が出現しちゃうよ・・・(爆)




“注意報” なのでまだ大丈夫でした。
しかし、油断はできませんね。
みなさんの応援の1票をおねがいします! m(_ _)m
スポンサーサイト



にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ
にほんブログ村   
 
 
 
 











管理者宛の投稿

 
 
 
 
ドライバーは?

HITOTSUYA

管理人:HITOTSUYA
丸8年乗ったエボ4は洪水で水没・・・

新たなクルマで再発進!

行っけ~! GNP!
(ガンバレ・ニッサン・パルサー!)(笑)

 

現在の閲覧者数 :

 
 
最近、起きた事は?!
 
 
現在コメントは受付しておりません。m(_ _)m
 
 
リンク先の皆様!
 
 
ブログ内 カテゴリです
 
 
CM

    

にほんブログ村 車ブログへ  

 
 
ブログ内検索で探そう!