FC2ブログ
 

車種 ミツビシ ランサーエボリューションⅣ GSR



今回の紹介装備品

ダイノックシート ステアエアーバック貼り付け作業
  
 
今回の記事は主に過去記事の貼付けです。













エボ4は純正で momoステアです。
純正モモステア
充分にカッコイイのですが、古臭さもあり今回これをドレスアップしました!
※エアーバックは安全装置ですからコレを弄るのはオススメしません。
決してマネなさらぬようにお願いします。




まず、ステアの付け根のネジを確認します。
ステア付け根
ゴムキャップで塞がれていますが、簡単にめくれます。



ここに星状のネジ山が見えます。
星型ネジ
これを緩めないといけません。



ホームセンター等で “トルクスレンチ” の名前で売っています。
星型ドライバー
ドライバーなら 1,000円位です。



ですが、さすがに安全装置 もの凄く固く締めてあるのでディーラーで一旦緩めてもらいました。
ミツビシさん
その後は自分でもできます。



さあ、エアーバックを取り外しますが、必ずバッテリーターミナルを外しましょう。
バッテリーターミナル外し
普通の電装品と違い、作業中に誤作動でもしたら大変です。

大怪我の恐れもありますし、新しくエアーバックを調達するとかなり高い金額になってしまいますんで・・・





これでエアーバックが外れました。
エアーバックとりはずし2
かなり重たいです。

中央のコードを取り外せば完全にエアーバックが取り外せます。





いきなりですが、中央部分に シルバーカーボンシートをコンパスカッターで丸型に切り出し貼りました。
エアーバックシルバーカーボン貼り付け
シルバーカーボンシートは伸縮性がないので一箇所に切り込みを入れて凹凸に対応させました。





そしてミツビシのシンボルマークを中央に貼ります。
エアーバックシンボル取り付け
これはホイールキャップセンターシールです。




ここはエアーバック、このままではもしもの作動時に貼り付けたシンボルマークが 飛ぶ凶器 になりかねません。
エアーバッククリアーカッティングシート貼り付け
これを防ぐため、クリアーカッティングシートでシルバーカーボンシートを覆うように貼ります。



この上からダイノックシートで覆ってしまえば、全てが一枚化してエアーバック作動時も、シンボルマークが飛んでくるのを防げるのではないかと考えました。
エアーバックダイノックシート合わせ
※安全性を確認した訳ではありませんので、決してマネしないでください。




ダイノックシートを温めながら伸ばし、シワにならないように貼り付けます。
エアーバックダイノック貼り付け





ダイノックシートの端を巻き込む時、決してエアーバック本体に貼り付けないように巻き込みます。
エアーバックダイノック貼り付け
あくまでも緊急時にはエアーバックを正常に作動させるのが第一です。




キレイに貼り付けたら カーボン調エアーバック の出来上がりです。
エアーバックカーボン調エアーバック




先に仕上げた カーボン調ドアシート との相性も抜群ですね!
カーボン調ステア
完成度★★★







関連記事
気分50馬力アップ計画! 峠に行きたいかも
ダイノックシート修正作業! 峠に行きたいかも
気分50馬力アップ計画! カーボン調のエアーバック! 峠に行きたいかも
スポンサーサイト



にほんブログ村 車ブログ 車 国産車へ
にほんブログ村   
 
 
 
 











管理者宛の投稿

 
 
 
 
ドライバーは?

HITOTSUYA

管理人:HITOTSUYA
丸8年乗ったエボ4は洪水で水没・・・

新たなクルマで再発進!

行っけ~! GNP!
(ガンバレ・ニッサン・パルサー!)(笑)

 

現在の閲覧者数 :

 
 
最近、起きた事は?!
 
 
現在コメントは受付しておりません。m(_ _)m
 
 
リンク先の皆様!
 
 
ブログ内 カテゴリです
 
 
CM

    

にほんブログ村 車ブログへ  

 
 
ブログ内検索で探そう!